新着情報
名酒紀行
大会情報
レシピ
商品検索
会社案内
名酒紀行
フルーツ王国、アルザスの陽光が育てたオードヴィ
フルーツ王国、アルザスの陽光が育てたオードヴィ
Vol.14 オードヴィ(フルーツブランデー)/ヴォルフベルジェール社(フランス)
アルザルスは実り豊かなフルーツ王国
 フランス北東部、ライン川をはさんでドイツと国境を接するアルザスは、夏季は気温が高く年間の降雨量はわずか500mmと、フランスでも最も雨量の少ない土地の一つです。また、猛威をふるう西風からはヴォージュ山脈に守られ、果樹の生育に最も適した気候に恵まれた地方です。
こうした気候がもたらしてくれる自然の恩恵は、ぶどうに始まりチェリー、ポワールウィリアム、フランボワーズ、プラム、西洋スモモ、こけもも、バラの実、ブラックベリー、ひいらぎの実、いちご、・・・・・・ヴォージュ山脈のふもとに広がる波のように起伏した土地には、数多くの果実が季節の訪れとともに実をつけ、熟した果実だけが持つ甘い香りをいちめんに漂わせます。アルザスは、果実あふれる土地なのです。
アルザスの自然が豊かな恩恵をもたらす。
様々な果実があふれる土地。
----
フランスNo.1のラインアップ 多彩なフルーツオードヴィ
 ヴォルフベルジェール社は、アルザス地方の中心に位置する100年余の歴史を持つフランス有数の酒造メーカー。800軒のぶどう栽培農家による1300haにわたるぶどう畑からは、年間1500万本もの優れたアルザスワインが製造されます。特にクレマン・ダルザス(AOCスパークリングワイン)の製造は年間400万本にのぼり、名実ともにアルザス最大のワインメーカーといえます。
 そのヴォルフベルジェール社のもう一つの大きな特長は、豊富な品種を誇るオードヴィ<フルーツブランデー>の多彩なラインアップです。陽光をたっぷりと浴びた最高品質の果実のみを厳選し、伝統的な小規模蒸留の技術によって生産されるオードヴィは、見つからないものはないといわれるほどに多彩です。その一部をご紹介しましょう。

【キルシュ】
最も古い時代から造られていたオードヴィーで、その歴史は18世紀にまで遡ります。最高級のキルシュは長時間の熟成を経て完成され、なかには10年以上にわたって熟成されるものもあります。65ヘクタールの自社所有農園に植えられた2万2千本 の桜から収穫されたチェリーを、伝統の技で圧搾・発酵し、ゆっくりと蒸留したフレンチキルシュの逸品です。

【ポワールウィリアム】
ポワールの最高の産地であるアルザス、オート・アルプス、ヴァレー・デュローヌ地方で収穫されたウィリアムだけで造られます。フルーティーで繊細な味わい、力強く伸びやかでエレガントな花の香りにより、世界中の専門家から高い評価を得ています。風味が長く残ることが特長です。

【フランボワーズ ソヴァージュ】
このラズベリーオードヴィは、かつては王侯貴族の食卓にしかのぼらない貴重なものでした。なお、フランボワーズ ソヴァージュには、野生に群生する果実のみが用いられ、パリで開催される総合農産コンクールで金賞に輝いています。

【ミラベル】
アルザス、ロレーヌ地方特産のミラベルを用い、伝統の銅製アランビックスチルで蒸留し、長時間の熟成を経て完成されます。ストレートではミラベルそのものの特長をすべて味わうことができ、カクテルでは強い印象が残り、ロングドリンクではほのかな香りが楽しめます。

【ブルーベリー】
世界でも珍しいブルーベリーのオードヴィ。アルザス産の新鮮なブルーベリーを手作業でていねいに摘み取り、銅製アランビックスチルで蒸留します。繊細で力強い風味が特長です。

【フレーズ】
力強くてワイルドな風味のストロベリーのオードヴィ。洗練された芳香と口当たりで、ヨーロッパで最もポピュラーなフレーズのオードヴィとして親しまれています。

【アプリコット】
完熟したアルザス特産のアプリコットを浸漬・蒸留し、独特の芳醇な完熟風味を再現したオードヴィです。

【マール ゲヴルツトラミネール】
ゲヴルツトラミネール種のぶどうの果肉だけを使用し、伝統的な手法で発酵・蒸留したオードヴィです。ジャコウ、バラ、甘草の芳香を持ち、フルーティーな風味とスパイシーな香りが特長。イタリアのグラッパと並び世界的に有名なマールの中で原産地指定名称AOCとして認定を受けた唯一のマール ゲヴルツトラミネールです。

【プルーン】
クエッチ(スイートパープルプラム=西洋スモモ)から造られたオードヴィです。スピリッツに浸漬して蒸留し、オーク樽で長時間熟成させます。プルーンのほどよい酸味が残るクリアで芳醇な味わいが評価され、フランスはもとより世界中で再び人気が高まっています。カクテルのベースはもちろんのこと、コーヒーとの相性の良さも人気再興の一因です。

【ホップ・・・ビール】
高級リザーブ ビールを銅製アランビックスチルで蒸留したもので、ホップの花の香りが感じられることにより、“フルール ド ビエール(ビールの花)”と呼ばれています。ヴォルフベルジェールの名を世界に広めたビールのオードヴィです。
----
伝統的、近代的蒸留の長所を生かしてブレンドされた製品
 ヴォルフベルジェール社の蒸留所は、アルザスのコルマールにあります。伝統の技に裏打ちされたオードヴィの製造過程を簡単にご紹介しましょう。
 収穫された新鮮な果実は、種を除き破砕してすぐにマッシュにされ、20℃に保たれたステンレスの発酵樽で発酵させます。4日から10日おくと、果皮についている天然の酵母が糖分をゆっくりとアルコールに変えていきます。これを蒸留釜に入れて蒸留するのですが、 ヴォルフベルジェール社ではポットスチルを用いた蒸留法とコラムスチルを用いた近代的蒸留法を独自に組み合わせていることが特長です。伝統的蒸留法では、2日間に渡る長い加熱時間により強い香りが抽出され、持続性があり、ふくよかなオードヴィが生まれます。 近代的蒸留法では、蒸留時間が短いため新鮮で果実本来の華やかさを持つオードヴィとなります。
 こうして2種類の方法で蒸留したものをそれぞれ数年にわたって熟成させ、巧みにブレンドし、強く長い香りと洗練されたフルーティさを合わせ持つ製品に仕上げていくのです。
香り豊かなオードヴィをはじめ、フランボワーズ、ポワールウィリアム、ミラベル、カシスなどのリキュール、そしてワイン・・・・・・これらはすべてアルザスの大地とヴォルフベルジェール社の技によって生み出された逸品。世界中のバーテンダーやパティシエに広く親しまれています。
昔ながらのポットスチルによる蒸留。
コラムスチルによる蒸留も組み合わせる。
----