トップページ 新着情報 除菌スプレーに対する消費者庁の措置命令について

除菌スプレーに対する消費者庁の措置命令について

2020.12.15

2020年12月11日、消費者庁は、除菌スプレーについて次亜塩素酸水やアルコールの濃度を実際より高く表示していたとして、景品表示法違反(優良誤認)として販売業者計7社に再発防止命令を出したと発表しました。

皆様の生活に欠かせなくなった除菌スプレーは、効き目があることが大前提であり、当社としても今回の発表は除菌スプレー全般に対する信頼を損ないかねないものと憂慮しております。
酒造メーカーであるドーバー酒造株式会社では、ドーバー パストリーゼ77の製造にあたり、酒税法に基づく厳格なアルコール管理を適用しており、アルコール濃度は最大の除菌効果を発揮する77%を厳格に遵守しております。また、同工場は食品安全システム認証の国際規格「FSSC22000」を取得しており、全工程において最高水準の管理を行っております。

ドーバーパストリーゼ77は、2019年にグッドデザイン賞も受賞させていただきました。これからも皆様のご期待に沿うべく、安心安全の製品づくりに邁進していく所存です。
未だ品薄状態が続きご迷惑をお掛けしておりますが、皆さまのお手元に少しでも早くお届けできるよう努めて参ります。今後も変わらぬご愛顧のほど、お願い申し上げます。

前の記事

「GINZA・2021年1月号」にパストリーゼ77が掲載されました。

2020.12.14

SHOW MORE 新着情報をもっと見る