グラン マルニエ杯コンクール

Trophée Grand Marnier

このコンクールは社団法人日本洋菓子協会連合会と、洋菓子素材として定番のフランス伝統の名酒“グランマルニエ”輸入代理店のドーバー洋酒貿易株式会社・CT SPRITS JAPAN株式会社が実施するもので、グランマルニエコルドンルージュまたはグランマルニエエキストラクトを使用した作品を出品していただき、味覚、バランス、独創性の審査をするというものです。

優勝者にはパリを訪問するフランス研修旅行にご招待し、パリの菓子事情やフランスの文化そのものに触れる機会が与えられます。本コンクールは、洋菓子業界の将来を担う若手製菓技術者の技術の研鑽と向上、新たな活躍の機会を創出し、洋菓子業界の永続的発展に寄与することを目的としています。

一般社団法人
日本洋菓子協会連合会 主催 第1回グラン マルニエ杯コンクール
決勝大会

2021年6月30日、ドーバー洋酒貿易アネックスにおいて第1回グラン マルニエ杯コンクール決勝大会が開催されました。多くの応募者の中から書類審査を経て決勝大会に進んだのは(五十音順)、小野瀬 遵さん(コンラッド東京)、小林 旺広さん(東京マリオットホテル)、鈴鹿 成年さん(株式会社シュゼット・ホールディングス)、長嶋 駿さん(アングラン)、八代 真秀さん(モンサンクレール)の5名となりました。

今回はアントルメと焼き菓子を3時間という制限内で作り、美味しさ、洋酒と素材のバランス、表現力に合わせ、作業に対する評価もあり、総合得点で順位を決定します。
厳正なる審査にあたって頂いたのは、永井紀之・審査委員長をはじめ、木村成克・審査委員、藤本智美・審査委員、石井亮・審査委員、高山浩二・審査委員の五名です。永井審査委員長からは「洋酒に対する理解を深め、味にこだわることに立ち返る、良い機会になったコンクールでした。」との言葉を頂きました。
弊社社長からは「イベント開催が困難な中、1年の延期を経て無事第1回大会を開催することができたことに感謝申し上げます。」と挨拶がありました。

激戦の末、小林 旺広さん(東京マリオットホテル)が見事優勝を勝ち取られました。表彰式では賞状とフランス招待の目録が手渡されました。
「嬉しい気持ちでいっぱいです。上司をはじめ、会社の皆様には毎日夜遅くまで付き合っていいただき、感謝しかありません。今後も作品作りなど様々なことに挑戦してゆきたいです。」と語る小林さん。 お酒に弱く試食で苦労されながらも、職場の方々に支えられて完成した作品との事。大会に向けた情熱が、見事実を結び、優勝という結果となりました。

過去の優勝作品